食事でコロナに打ち勝つ!食物繊維の摂取で免疫力を高めよう

2020.05.13

発生以来、今もなお世界に絶大な影響を与え続けるコロナウイルス。
例年ゴールデンウイークを楽しみにしていた方も、今年は我慢の年になってしまいましたね…。

コロナウイルスと聞いて、今みなさんが思いつく予防方法は、手洗いうがいの徹底やとにかく外出を控え、
換気の悪い「密閉」空間、多数が集まる「密集」場所、間近で会話や発声をする「密接」場面の3密を避けるということでしょうか。
しかし、その予防の甲斐なく自分や家族が感染してしまったら…と不安に思っている方も多数いらっしゃるのでは?

でもまだあなたにできることは残っています!
それは、自己免疫力を高めることです。
もし万が一コロナウイルスに感染してしまった場合でも、免疫力次第で重症化を抑えることができます。
はたまた日頃から病気を予防する観点でも非常に有用な考え方になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、今回免疫力を高める手段としてお話したいのが「食物繊維」を摂取する方法です。
前回の玄米コーヒー食パンの記事でも少し話題に出したこの「食物繊維」ですが、腸内環境を改善する効果で知られていますね。
腸は食べたものを消化吸収する器官であるだけに、食事に伴って侵入してくるウイルスや病原菌などの溜まり場でもあります。
したがって、免疫システムの要である免疫細胞も実に7割程が腸の内壁にあるのだとか。
この免疫細胞の機能を左右するのが善玉菌と悪玉菌で、
善玉菌が免疫細胞を活性化させる一方、悪玉菌は腸内を腐敗させたり体に有毒なガスを発生させたりします。
腸内の調子はこれら2つの腸内細菌のバランスを保つことがとても重要。
そして、悪玉菌を減らし、かつ体内に生息する善玉菌の餌となり増やすことができる優秀な栄養素がこの「食物繊維」なんですね。
食生活の乱れが悪玉菌を増やす原因ともなりますので、そういった観点でもバランス良く食物繊維が採れる食事を心掛けたいところです。

余談ですが、腸内ではセロトニン、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる物質がたくさん生成されます。
それが脳に伝達されるとリラックス効果が得られ、精神の安定にも繋がるため、
腸の環境を良好に保つとそれだけ幸福感が増すという研究結果も出ています。
なので、食物繊維をうまく取り入れて、免疫力の面でも精神面でもコロナに負けないカラダを作っていきましょう!
※自分が健康だからと言って、症状がないだけでウイルスに感染していないとは限らないので、もちろん感染予防に努めてくださいね。

最後に、この食物繊維を豊富に含んでいるのが玄米や全粒粉などの食品です!
グリーンウインドプロデュースの食パンは人体に悪影響を及ぼす農薬の使用を避けたオーガニック米・麦を使用し、安全かつ良質な食物繊維が採れるような開発を進めています。
これを機に食物繊維の効果が気になった方はぜひご賞味くださいね!