麦の生育記録

2021.05.21

「麦なで」や「追肥」をしながら麦の生育調査をしています。

<5月3日>

<5月12日>

圃場にもよりますが、10日間で3~5cmほど伸びており、順調に元気な麦が育っています!

植物には光飽和点といって、光合成できる光の強さには限界があり、それを超える光はかえって成長の妨げになるという性質があります。
そのため、営農型太陽光発電所のパネルの下でも、健やかな麦が問題なく育つのです。

作物にとって快適な環境を生み出すことで、太陽光発電と農業の両立を実現しています。