カゼイヲリ<vol.12>~4月の新作「無添加 ビーツ食パン」/農業ひとくちメモ ~麦を強く育てるための「麦踏み」作業~~

2021.04.7

vol.12

4月の新作「無添加 ビーツ食パン」

今月の新作は、風弥が運営する温室ハウス内にて、無農薬・無化学肥料・無除草剤で育てた、カリウム・ビタミンCたっぷりのビーツを生地に練りこんで焼き上げた「ビーツ食パン」です!
”毎日食べるもの”だから、添加物は一切使用せず、素材そのままの味でつくりました。

*4/13(火)~4/30(金)までの期間限定販売
 販売価格は650円(税込)

農業ひとくちメモ ~麦を強く育てるための「麦踏み」作業~

麦踏みとは、1~2月頃に発芽した麦の芽を踏むことで、茎や葉の過剰な成長を抑え、根の発育を良くする効果があります。
また、冬の寒い日に生じる霜柱によって根が浮くのを防いだり、一本の芽から複数の茎に分かれる「分げつ」という植物の特性を促進したりする効果があります。

古くより麦踏みには、作業する人たちが自らの足で麦の上をカニの様な歩きをしながら踏みつけるといった方法がありますが、風弥の麦畑では、麦踏みローラーという機械を取り付けたトラクターを操縦することで、麦踏みを行っています。

【バックナンバー】

vol.11
vol.10
vol.8&9合併号
vol.7
vol.5&6合併号
vol.4
vol.3
vol.2
vol.1