【アニマルウェルフェア】営農型太陽光発電設備の下で豚を放牧

2022.11.1

2022年10月31日(月)に、当社の営農型太陽光発電設備の下で、豚を放牧しました。
豚にとって、より自然に近い暮らしができるだけでなく、雑草が生い茂らないよう日々メンテナンスをしてくれるので、放牧という方法を取り入れております。

今回の放牧のように、当社ではソーラーシェアリングを活用したアニマルウェルフェアに取り組んでおります。

アニマルウェルフェアとは、家畜に心を寄り添わせ、単なる畜産物ではなく感受性を持つ生き物として、ストレスをできる限り少なく、行動要求が満たされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざす畜産のあり方です。

アニマルウェルフェアの「5つの自由」
1.飢え、渇き、栄養不良からの自由
2.物理的、熱の不快からの自由
3.痛みや傷、病気からの自由
4.通常の行動を発現する自由
5.恐怖や苦悩からの自由

これからも畜産のあるべき姿を模索しつつ、安全で品質のよい食品を供給することを目指してまいります。